フィリピン防衛戦・バターン死の行進・コレヒドール陥落70周年記念行事
 

フィリピン防衛戦の70周年を記念して424・25日、ワシントンで記念行事が開かれました。

フィリピン防衛戦を戦った兵士達は降伏後、日本帝国軍の捕虜となりました。ジャングル戦、拷問、虐待、飢餓、奴隷労働に生き残った彼らが、ついには日本の人々と和解を果た
歴史は、時代を越えた感動を私たちに与えています。


参加した元捕虜

                                                           
 
                    Dr.  Lester Tenney, 92                Mr. Joseph Alexander, 85                   Mr. Ben Steele, 94    
 

                                                           
       
                                        Mr. Don Versaw, 90                 Mr.
Roland K. Towery. 89

4月24日

米国州兵博物館ツアーと昼食会


米国州兵博物館に向かう

一行は、 米国州兵教育基金の副事務局長アン・アームストロングさんの歓迎を受けました。レスター・テニー博士を含む多くの捕虜は戦前、州兵でした。

               
    アームストロング副事務局長と        デビッド・マクギネス将軍(国防省予備軍担当次官補) 
              

献花



国立第二次世界大戦記念碑
バターン・コレヒドール石碑の前に

(花輪は全米在郷軍人会からの寄付)
 


 

 

               


ラビShmuel Herzfeld による祈り 


Patriot Guard 支援者と一緒に

   

   

Youtube ビデオ
Commemorating Bataan and Corregidor - Wreath Laying April 2012
 

このようなイベントをしてもらうと、人間への信頼を取り戻せます。
                                    
    ドン・ヴァーソー

この帽子を被っていると、今年は多くの10代の若者が近づいてきて、「国のために尽くして下さって有難うございます」と言ってくれるんですよ。
                                   ジョー・アレグザンダー

私たちは、祖国のためならどんな任務をも喜んで果たそうとした真のアメリカ人として記憶されたいと願っています。                 レスター・テニー


日本大使との面会

一行は日本大使館に藤崎一郎大使を訪ねました。元捕虜たちは、この数年間の大使の捕虜問題への支援と、その結果 2010年2011年 に成功裏に実施された捕虜招聘プログラムへの感謝を伝えました。

        
                 藤崎一郎大使との記念写真

(元捕虜の他に写っているのは、テニー夫人、スティール夫人、バターン死の行進生還者だった故メルビン・ローゼン大佐の未亡人オリーブ・ローゼンさん、日本軍捕虜アーネスト・ウェード海軍少佐の孫ローラ・ガードニさん、今回の70周年記念行事を実行したアジア・ポリシー・ポイント代表 ミンディ・カトラーさん、「捕虜:日米の対話」代表の徳留絹枝、そしてアジア・ポリシー・ポイント研修生たちです。)
 


カート・キャンベル国務次官補との面会

面会は非常に勇気付けられるものでした。レスター・テニー博士と共に捕虜問題の名誉ある解決に向けて尽力してきた次官補は、国務省の日本問題担当高官を同席させました。キャンベル国務次官補、捕虜問題は彼の優先課題のひとつであると、明言しました。

 


Veterans of Foreign Wars
(海外派遣兵士の会)主催による夕食会

米政府高官を含むイベントの支援者と捕虜次世代が参加しました。


VFWの広報官ジョー・デーヴィス氏の歓迎の辞


下院外交委員会専門スタッフのデニス・ハルピン氏
テニー夫妻・ローゼン夫人・ガードニ夫妻と

夕食会の終わりに、レスター・テニー博士から、今回の70周年記念イベントを実行するために尽力したミンディ・カトラーさんに、感謝状が贈られました。感謝状には、参加した元捕虜全員が署名しました。

4月25日

「バターン死の行進の遺産:真実と和解」円卓会議

会はレイバーン米議員会館で開かれ、 We Volunteered 著者ティモシー・ルース氏が司会をしました。

ブライアン・ビルブレイ、マイク・ホンダ下院議員が主席し、捕虜問題への支持を表明しました。両議員は、日本政府が元捕虜との和解のために為した努力に感謝し、捕虜に強制労働を課した日本企業も日本政府を見習うことを促した、下院決議案333 の共同提案者です。

             
    ビルブレイ議員 (共和党-カリフォルニア)   ホンダ議員 (民主党-カリフォルニア)

傷痍軍人との昼食会

元捕虜は、(イラク・アフガン戦争で負傷した兵士が入院する)ウォルター・リード病院からの負傷兵たちと、体験と思いを共有しました。このプライベート昼食会は、全米傷痍軍人の会とヘリテージ基金が主催しました。

      

昼食会の後、全米傷痍軍人の会が出したプレス・リリース

全米傷痍軍人会はバターン死の行進生還者を支持することを誇りに思う。 


米国会議事堂ビジターズ・センターでのレセプション

                     
    
                   ビル・ハイゼンガー下院議員 (共和党-ミシガン)        

                    
        ジョン・ベイナー下院議長のアウトリーチ担当官 ウイリアム・グリーン氏

               
                    マックス・ソーンベリー下院議員夫妻                        ローラ・ガードニさんと徳留絹枝
              (タワリー氏夫妻と娘のアリス・ギルロイさんと)

 

-------------------------------------------------

                               

今回参加した元捕虜と彼らの捕虜仲間の歴史は、ウエストヴァージニア州ウェルスバーグにある American Defenders of Bataan and Corregidor WWII 博物館保存されます。 その目的は世界的な資料館と太平洋戦線での捕虜の歴史と教訓に関する教育・リサーチセンターを作ることです。

博物館のあるブルック郡公立図書館のジェーン・クライナさんが、博物館を代表して、今回のイベントに参加しました。 博物館に関する詳細は
ADBC WWII Museum

                               

クライナさんはワシントン滞在中、アーリントン国立墓地で行われた元捕虜アービー・アブラハム氏の葬儀に参加しました。アブラハム氏のストーリー
 



                                                              painting by Ben Steele

発起人・賛同者

Mrs. Annette Lantos「ラントス人権・正義基金」会長
Mr. Robert  Dole, 元米国上院議員、第二次大戦ベテラン
LtGen. Wallace C. Gregson, Jr., 米海兵隊退役中将元太平洋海兵軍司令官元国防次官補
Major General Antonio Taguba, US Army (Ret.). 米陸軍退役少将、父は死の行進生還者Disabled American Veterans (DAV) 負傷兵の全米団体
Rabbi Abraham Cooper, 「サイモン・ヴィーゼンタール・センター」副所長
Ms. Linda Goetz Holmes, Unjust enrichment」「Guests of the Emperorの著者
Rabbi Shmuel Herzfeld,
ワシントンDC Ohev Shalom シナゴーグのラバイ
Mr. John Patterson
「フィリピン・スカウト歴史協会」の共同設立者、名誉会長
Ms. Kinue Tokudome  バイリンガル・ウエブサイト「捕虜:日米の対話」設立者・代表
Dr. Thomas Childers, ペンシルベニア大学歴史教授
ADBC Museum,
ウエスト・ヴァージニア州ウェルスバーグ日本軍米捕虜博物館
Mr. John A. Glusman, Conduct Under Fire: 4人の日本軍捕虜米軍医の生存への闘い」著者
Mr. Tim Ruse We Volunteered. A Biography of Carl Robert Ruse: Survivor of the Bataan Death March and Prisoner of the Japanese, 1942-1945」の著者
Veterans History Project of the Library of Congress  米議会オーラルヒストリープログラム
National Guard Association of the United States (NGAUS) 全米州兵アソシエーション
American Legion 全米在郷軍人の会
Veterans of Foreign Wars (VFW) 
海外派兵兵士の会
Vietnam Veterans of America ベトナム退役軍人の会
The Heritage Foundation ヘリテージ基金


名誉支援者

Rep. Brian Bilbray (R-CA)                      Senator Max Baucus (D-MT)
Senator Barbara Boxer (D-CA)             Rep. Ann Marie Buerkle (R-NY)
Rep. Dan Burton (R-IN)                         Senator Robert P. Casey, Jr. (D-PA)
Rep. Lloyd Doggett (D-TX)                    Senator Dianne Feinstein (D-CA)
Rep. Bob Filner, (D-CA)                         Rep. Martin Heinrich (D-NM)
Rep. Maurice Hinchey (D-NY)                Rep. Mike Honda (D-CA)
Rep. Bill Huizenga (R-MI)                      Senator James Inhofe (R-OK)
Rep. Jesse L. Jackson, Jr. (D-IL)           Rep. Ron Kind (D-WI)
Senator Frank Lautenberg (D-NJ)        Rep. Carolyn B. Maloney (D-NY)
Senator John McCain (R-AZ)                
David L. McGinnis, Acting Assistant Secretary of Defense for Reserve Affairs
Rep. Jeff  Miller (R-FL)                           Rep. Stevan Pearce (R-NM)
Rep. Charles B. Rangel (D-NY)              Rep. Silvestre Reyes (D-TX)
Rep. Linda Sanchez (D-CA)                  Senator Jon Tester (D-MT)
Senator Tom Udall (D-NM)                    Rep. Chris Van Hollen (D-MD)
Senator Sheldon Whitehouse (D-RI)

 

「アンブロークン」の著者ローラ・ヒレンブランドさんからの支援の言葉

第二次大戦時に起きたこの重要な出来事を記憶するイベントが開かれると聞き、大変嬉しく思います。その苦難が歴史の中で長いこと見逃されてきた元日本軍捕虜に、私も皆さんと共に敬意を表します。

 

70周年記念行事の成功をお祈りします

石原産業 株式会社
(過去数年に渡り、元捕虜や家族の訪問を歓迎

 


* この行事は、ワシントンDCの非営利団体 Asia Policy Point (代表:ミンディ・カトラー)によるプロジェクトです。

カトラーさんのフェイスブックページもご覧下さい。 Commemorating Bataan and Corregidor. 

70周年記念行事への寄付は American POWs of Japan サイトの「Donate からできます。

5月10日現在の寄付者リスト(引き続き寄付を募っています。)