地獄船追悼碑 碑文

2006年1月22日フィリピン・スービック湾に建立

 

この追悼碑は、第二次大戦中に日本軍の捕虜となり、恐るべき”地獄船”に詰め込まれ、工場・埠頭・鉱山などで日本の戦争遂行を支える奴隷労働者として働くため、アジア全域に輸送された何千人もの連合軍捕虜に敬意を表する。

幾千人もの男たちがこれらの船で運ばれ、そのうち何千人もが殺戮・飢餓・病・放置などで、或いは無標識の船に捕虜が乗船していることを知らずになされた友軍の攻撃により、死んでいった。

これらの英雄は、異なる祖国・異なる経歴・そして異なる状況から捕虜となったのだが、彼らは、自由を愛するこころと祖国を守るための献身を、共有していた。

数多くの命が何の目的も理由もなく失われた地獄船は、疑いもなく、第二次大戦におけるもっとも無意味な残虐行為の一つであった。

--------------------------------------------------

連合国の領地が陥落してわずか数ヶ月後の1942年春という早い時期から、日本軍は、タイ・台湾・ビルマ・中国・朝鮮・そして日本本土で奴隷労働者として使用するため、捕虜を占領地から海上移送し始めていた。

千人あるいはそれ以上の男たちが貨物船倉に押し込まれ、多くの場合、何週間も続く航海を通して、立っているのがやっとの空間しか与えられなかった。熱気が充満し、臭いは耐えら れないものだった。 最低限の衛生・医療の供給さえ拒まれた。数年に及ぶ捕虜収容所暮らしで既に衰弱し疾病に苦しんでいた捕虜の何百人もが、息絶えた。さらに何百人もが発狂した。

これらの非人道的状況をさらに悪化させたのは、日本人監視員の極端な残虐さだった。想像を絶する地獄船の悪夢を生き残った者たちは一様に、その体験を、彼らの戦時捕囚体験を通して最も恐るべき一章であったと、説明する。

--------------------------------------

連合軍の上陸が迫った太平洋戦争最後の数ヶ月、日本軍は地獄船による捕虜の輸送を急いだ。日本の武器輸送船が赤十字の標識を付ける一方で、捕虜を運ぶ船は意図的に無標識とされ、それを知らない連合軍の飛行機や潜水艦からの攻撃を受けた。10数隻の地獄船が攻撃され、何百人も の連合軍捕虜が殺された。

それから半世紀以上が過ぎた今、これらの男の多くは、墓石も墓標もない海底でその遺体を引き上げられることもなく、眠っている。ここに建てられるのが、彼らに捧げられる唯一の追悼碑である。

日本軍は、捕虜に対して数知れぬ虐待行為を行った。しかし、彼らを無標識の捕虜船で輸送し連合軍の攻撃に晒したことは、理解を超える行為である。

---------------------------------------------------

この追悼碑は、これらの英雄が払った類いまれな犠牲を発見するに違いない将来の世代が、静かに瞑想する場所を提供するであろう。彼らが立派な模範から啓示を受けるだけでなく、戦争のない世界への 、絶えることない希望を再主張するように。

地獄船追悼碑は、忍び寄る独りよがりと忘却の流れに毅然と逆らう碇として、希望の言葉を永久に語り続ける。

この追悼碑は、元日本軍捕虜と、捕虜として死んだ者或いは果てしない悪夢を生き延びた捕虜の家族と友人により建設され、支えられる。


 



地獄船で父親を亡くしたデユエイン・ハイジンガー退役海軍大佐:除幕式で
 


ジェームス・ロイター神父による祈り

 2006年 122日 スービック湾

 


主なる神よ、
天のうえからご覧ください
61年まえにここで苦しみ死んだ者たちを
覚えて祈るこの私たちを。

死んだ者たちのため私たちは祈ります。
助かった者たち、
岸まで泳ぎつき、
また捕虜となり
次々と別の捕虜輸送船に乗り込んだ者たち、
彼等のためにも祈ります。

あるものは輸送船の船倉で亡くなり
日本の捕虜収容所で亡くなった者たちもいます。

 神の御子は愛する子たちすべてのために
死のうとしてこの世にこられました。
その子たちは国のため、国民のため
愛する者たちのために命を捧げようと出かけたのです。

 アメリカ人たちは祖国を守ろうと
軍隊に加わりました。
生まれた国を
ふるさとを、家族を守るために。
貧しいもの、無力なもの
世界中にいるそのひとたちを
圧制と抑圧から救おうとして。
 

ここで死んだ日本兵たちは
軍隊に加わりました。
指導者たちを信じ、
自分たちの人権をまもるため戦うというその言葉を信じたから。
 
生活空間
, 生きる天地、自由、平等を、
日のあたる場所を求め
同じ勇気をもち、同じく理想主義をかかげて日本兵は戦い、死んだ
わがアメリカの兵たちと同じく。

世界の歴史にのこる悲劇のひとときでした。
ここに集い、私たちはそのときをおぼえ、祈るのです
同じことが二度と再び起らないように望んで。
 

主なる神よ、私たちの知力とこころにふれてください。
ひかりを与え、知恵を見ることを得しめたまえ
ペテロに語られたあの言葉
最初の聖木曜、ゲッセマネの園でのこと。

大司教のしもべの耳を切り落としたペテロに
あなたは言われた
「刀をひきなさい!刀をとるものは
刀によって滅びるのだ!」

私たちはみな知っている
私たちみなが 待つのはその日
どこかの国の将軍が恐れに駆られ
自分の原子爆弾のボタンを押す日
するとすべての国で すべての将軍たちが
自分の原爆のボタンを押す。
 

煙がやがておさまる頃
10人中9人は死んでおり
残った10分の1は 死んだ者たちを
うらやましく思う。
 

主よ、あなたは私たちすべてを子として造られた
私たちがひとつの家族として生きるよう
互いに手をさしのべる兄弟・姉妹として
ともに苦しみ
ともに喜び
互いに助け
分かち合い、こころを尽くし
友情を交わし
愛のうちに生きるよう 望んでおられる。

私たちをへだてる壁
国と国のあいだ 富むものと貧しいもの
宗教と宗教のあいだの壁を
打ち壊せるよう助けてください。
 

キリスト教世界のあらゆる派のあいだに
橋をかけるよう力をあたえ
私たちがひとつとなることができますように。
キリスト教徒とイスラム教徒
仏教、道教、ユダヤ教徒のあいだに
橋をかけ 私たちがみなで
和解一致 平和のうちに生きられますように。

みことばの知恵を理解する
ひかりをお与えください。
「子たちよ、互いに愛し合いなさい
私があなた方を愛してきたように。」
 

お互いがそのように生きる知恵を授けてください
二度とふたたび 私たちのように
岸辺に立ち、かつて愛する者の血で赤く染まった砂浜で
彼らの死をなげく者たちがもう現れることがありませんように。

あなたの恩寵のうちに いつもそのように生き
二度とふたたび第二の鴨緑丸の悲劇を見ないですみますように。

 

ロイター神父は戦時中、ロスバニョス民間人収容所に収容され、親しい友人を地獄船で亡くしています。