元捕虜が記憶し描く体験

ベン・スティール氏は、第二次大戦中に日本軍の捕虜となり、バターン死の行進を歩きその後3年の強制労働に就かされました。勇崎作衛氏も戦後シベリアに抑留され、3年間強制労働を課せられました。両氏は、それぞれ捕虜(抑留)体験を描き続けてきました。

     
          
          スティール氏                     勇崎氏

 



死んだ仲間を葬る(フィリピン)
 

                                

                           死んだ仲間を葬る(シベリア)

                                        

            
                                                      九州での強制労働

             
                       
                     シベリアでの強制労働
                                               

 

山下静夫氏も、シベリアでの強制労働の日々を描いてきました。
 

                         

 

           
                                    山下氏 これまで描いたスケッチの前で
                                


これらの作品は、本当に正直何かを訴えようとしている。
                     ― ベン・スティール,  シベリア抑留の絵画を見て

 

シベリア抑留については 池田幸一アメリカの友人への手紙をご覧下さい。