20136月13日「シベリア特措法3周年記念集会」での

Parker Levi 君(15歳)の スピーチ

私のなまえはパーカーです。私のひいおじいさんはアメリカのぐんじんでした。私のひいおじいさんはつかまって3年はん、しゅうようじょにすんでいました。フィリピンのしゅうようじょでは、きょうせいろうどうしました。3年かん、おおむたのしゅうようじょで せきたんをほっていました。

今、私のひいおじいさんはにほんじんがだいすきです。よくにほんにいきます。私もにほんがだいすきです。がっこうで、二年にほんごをべんきょうする。にほんごをはなして、よむのが、だいすきです。ニューヨークにすんでいますが、今、私と私のかぞくはとうきょうにいます。

私のひいおじいさんは、日本人をとてもおこっていました。でも、4年まえぐらい、ひいおじいさんは日本人をゆるしました。にほんじんはあやまりましたから。今、ひいおじいさんと私はにほん、にほんご、にほんじんがだいすきです。

パーカー・リーヴァイ

 


June13, 2013 “Siberian Internment Conference Commemorating
3rd Anniversary of the Siberian Special Law (Passed in 2009)

Speech by Parker Levi15 years old

My name is Parker. My great-grandfather was an American soldier. He was captured and  held in the POW camps for three years and a half. While in the Philippine camps, he engaged in forced labor. Then he was digging coal in a camp in Omuta for three years.

Currently, my great-grandfather loves Japanese people. He often comes to Japan. I also love Japan. I’ve been studying Japanese for two years at school. I love to talk and read in Japanese. I live in New York, but at the moment my family and I are in Tokyo.

My great-grandfather was mad at the Japanese. But around four years ago, he forgave the Japanese because a group of Japanese people apologized to him. Now my great-grandfather and I love Japan, the Japanese people, and the Japanese language.

Parker Levi, great-grandson of Dr. Lester Tenney